似合う夏の帽子選びも骨格診断の似合う素材感で探してみて

夏の気配が日に日に近づいてきてる!
本格的な衣替えシーズンに突入ですね。

夏が来るたびに、今年の帽子どうしよう・・・と悩んでしまっていませんか?
そんな時は骨格診断の『似合う素材感』を思い出してみて下さいね。

例えば、骨格タイプウェーブのあなたには、
軽く柔らかく細かい素材感が似合います。

全体の素材感や飾りに至るまで、自分自身の素材感と優しくなじむ物かどうかを見極めるのがコツ。

帽子を被ってお顔を鏡に映してみたとき、荒々しい素材感に見えたり大きくダイナミックな素材感の飾りがついていては重々しく見えてしまいますので、素材感の柔らかさを気にしてみると選びやすくなりますよ。

優美な曲線や、風にやわらかく踊るような素材感はとても似合います。

そして頭が入る部分のクラウンの形。
クラウンの形は骨格診断というよりもお顔の形を参考にしましょう。
注意した方が良いのは面長さん。
縦に高さが出過ぎないように気をつけて選べばOK。

丸顔さんは丸い形か平たいもので選んでみましょう。
ブリム(帽子のつばのところ)はあまり短くない方がお顔が綺麗に映ります。
逆三角形さんは中折れも似合いますよ。

ウェーブさんは絶対にというわけではないですがブリムが短い方がバランスを取りやすいように思います。

もしブリムの広いタイプを被りたい時は、優しくうねるデザインのものを選んでみましょう。
直線的な固めのブリムだとスタイリングから浮いて見えます。

直線的なブリムなら、短めのものを選べば似合います。


引用元:ヘレンカミンスキー

骨格タイプナチュラルさんは、自然素材がとにかく似合うので帽子選びは楽しいはず♪

素材感は多少粗目のものがおすすめ。
リボンも麻素材やロープ、革などがいい感じ。

クラウンはお顔の形を見て選んでいくと良いですよ。
ナチュラルタイプは面長さん、逆三角さんが多いような。

引用元:ヘレンカミンスキー


骨格タイプストレートさんは、粗めの面がどうも苦手。

ラフィア素材を選ぶときには極力表面がきちんと整列した面の整った物を選びましょう。

私もストレートなのですけれど、今年はなかなか手に入らなくて苦戦してました!
やっと似合うパナマ帽に出逢えて嬉しいんですけど実はメンズもの。しかもⅬサイズね(笑)

わたし面長なので、中折れのパナマ帽をそのまま被ってしまうと面白い人になってしまうのでダメでして。でもLサイズなら、いい感じに深めに頭が入る。

他に面白いことになった帽子は「藁っぽさ全開の素材感」のもの。

どんな感じか?それは・・・
あえて傷口に塩を塗るような行為は避けます・・・。という感じ!

ということで、帽子のお陰でいつものシンプルスタイルでも、ちょっと上品になれそうで嬉しい。

本当はこちらがグッと来たんですけど、残念ながらソールドアウト。


引用元:ヘレンカミンスキー

ないと思うと恋しくなるのよね。

ストレートタイプさんは、こんな風に直線的なブリムがカッコよく似合っちゃいます。
少し素材感が粗いかもしれませんが、恐らくは気にならないでしょう。
クラウンもきちんと整っているしエッジが立ったデザインはストレートの似合わせられるポイントですから。

あ~あ。似合っちゃっただろうなあ。
在庫があったとしても思い切って購入出来てれば、ですけどね。

みなさんも良い夏の準備ができますように。

随時更新しています
ご予約スケジュール

お問い合わせはお気軽に♪ 24時間受付中です

わたしだけのキレイの方法
フルブラッシュアップコース

骨格診断、パーソナルカラー診断はもちろん、性格診断ブランディング、似合うヘアメイク体験、そして個人のお悩みや疑問が解決できるファッションの講座まで含まれている充実の講座。自分の素材を活かしきるスタイルを1日で学べます。詳しくはこちらからどうぞ!